医療法人社団 東京哲翔会 定村歯科医院

東京都杉並区 荻窪駅西口徒歩2分【定村歯科医院】

コンテンツ

ブログ

スマホサイトはこちら


院内を自由にご覧になれます

大きな地図で見る
HOME»  ブログ記事一覧»  院長ブログ

院長ブログ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3

断捨離をしてみました

北海道地震等により被災された皆様に謹んでお見舞いを申し上げるとともに、一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

こんにちは、杉並区荻窪の歯科医院 医療法人社団東京哲翔会 定村歯科医院の定村正之です。

10月に入り、2018年もあと3カ月となりました。
平成という時代も来年5月までで終わることもあり、時代の変化を強く意識させられますね。
仕事に関しても、年々の変化にしっかりとついていかないと、知らない横文字ばかりになってしまったり、今まで存在しなかった業態の営業から企画を持ち込まれたりと、焦らされることがたくさん発生してきます。

医療分野は比較的保守的な分野ではあると思いますが、時代の流れの中にいることに変わりはなく、様々な変化を受け入れながら舵取りをすることが求められるものです。広い視野を持ち、色々な意見を聞きながら、楽しんで仕事に向き合っていきたいものですね。

今日は、ちょっと探し物があり、自分の書斎の心当たりの場所を色々と捜索して思わぬ時間を取ってしまいました。
日頃から、整理整頓を心掛けておかないと、無駄な時間を費やしてしまう事を痛感しながら、片付けにもなると気持ちを入れ替えて、探し物を捜索しましたが・・・まだ見つかりません。
お陰様で、ちょっとした断捨離になりましたが、今後は、もう少し片付ける事の重要性を意識して部屋だけでなく、皆が使う診療室内などもいっそう綺麗にしていこうと思った次第です。

整理整頓など、小学生の時から言われている事でありますが、本当に重要な事って意外とシンプルな事ばかりで、小学生時代から言われているようなことなのかもしれないなあ・・・などと反省した一日でした。

では、徐々に秋が深まり、季節の変わり目に伴う体調の変化や疲れが出やすい時期になりますので、口腔だけでなく全身の健康管理に気を付けて、年末までもう一息頑張っていきましょう!

2018-10-01 19:17:53

折りたたむ

時代の流れに合わせた医院運営

こんにちは、医療法人社団東京哲翔会 定村歯科医院 院長の定村正之です。

今年の夏は記録的な猛暑続きで、日本各地から最高気温の記録更新のニュースが耳に入ってきました。また、豪雨災害も各地で起き、被災されました方には心からお見舞い申し上げます。

9月に入りましたが、まだまだ暑い日もありますが、真夏の厳しい日差しから、少しだけ柔らかい日差しに変わってきたような気もしますね。本格的な秋はまだですが、間もなく、爽やかな秋に季節も移っていくのだと感じます。熱中症対策などで、外出を控えていた分、これからの季節は、アウトドアも気温を気にしないで楽しめそうですね。

さて、歯科医院に限った話ではなく、日本の問題として人口構成の問題として、高齢化が進んでいる事を実感させられます。その一方で、健康意識の高い、元気な高齢者の増加も実感します。私が子供だった頃の「70歳」のイメージを、今現在の「70歳」の方に重ねるとかなりのギャップがあります(10歳以上の開きを感じます)。
長寿社会になり、また、医療技術の発展もあり、今後ますます元気な高齢者が増えていく事が予想されます。

第2の人生を満喫される素敵な高齢者をたくさん見る中で、歯科医院の役割についても色々と考えないといけなくなってきております。当医院でも、高齢者の健康の役に立つ医療サービスをより一層充実させていきたいと考え、治療メニューの中でも、歯周病の対策を強化することや、少しでも歯を長く残せるように、より精密な治療を提供できるよう、知識と技術のトレーニングに力を入れる毎日です。
また、歯科医院に来院することが難しくなってしまった患者様を対象とした、訪問歯科診療のサービスも、今後の大きなテーマとして前向きに考えていく予定でおります。今現在は、まだ体制が整っておりませんが、順次、サービス提供のシステムを構築し、整い次第、訪問歯科診療の開始を予定しております。

時代の流れに合わせた医院運営を行う事で、より一層、地域の皆様に喜んでいただけるように精進してまいります。患者様からのお声も貴重なアドバイスになります。何か、医院に対しましてのご要望などがございましたら、遠慮なく受付などにお伝えください。

まだまだ残暑が厳しい日が続きます。皆様ご自愛の上、お過ごしください。

2018-09-05 01:41:00

折りたたむ

患者様からの素朴な質問

こんにちは、杉並区荻窪の歯科医院、医療法人社団東京哲翔会 定村歯科医院の定村正之です。

体温に近い気温が続き(時には、体温以上!)、本当に暑さが厳しい毎日ですが、如何お過ごしでしょうか?
先日、東京湾を巡る屋形船に乗る機会があり、夜の7時出航だったのですが、海上での気持ちの良い風を受けて、少し生き返ったような気がしております。

医院の方は、8月はお子様の患者様が増え、逆に年配の患者様が減るという例年のパターンで、8月らしいと言えば8月らしい日々を過ごしております。医院は、8月10日、11日、12日の3日間を連休とさせていただきます。スタッフは、ローテーションで夏休みを取るシステムにしておりますので、若干いつもよりも人数が少ない体制の診療日もありますが、皆で協力して8月を乗り切っていこうと頑張っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、皆様は日頃の口腔ケアにどのようなケア用品を使用されていますか?歯ブラシ一つとっても、種類がたくさんあり、どれを使えばよいか悩んでしまいますよね。歯ブラシ以外にも、デンタルフロスや、歯間ブラシ、マウスウォッシュなど、薬局の口腔ケアコーナーに行くと棚には様々なグッズが陳列されており、本当に自分の今の口腔環境に必要なものが何なのか、ちょっと考えてしまう事もあるかと思います。

今日取り上げてみるのは、マウスウォッシュです。

たまに患者様から「マウスウォッシュって、歯磨きの代わりになりますか?」というような質問を受けることがあるのですが、残念ながらマウスウォッシュでブクブクとうがいをしても、歯磨きと同等の効果を期待することはできません。
キッチンのシンクを洗う時も、洗剤を流すだけでは汚れって落ち切らないですよね。結局、何かスポンジのようなもので汚れをこすらないと、しっかりと汚れをきれいに取ることが出来ないわけです。

マウスウォッシュに期待される効果としては、口腔内に浮遊している(歯や舌にこびりついていない)バイキンを殺菌して流してくれるという効果、口腔内の清涼感を向上させる効果、という点で期待できるものですが、歯磨きにとって代わるものではないわけですね。
歯磨きと併用してマウスウォッシュを使う事や、どうしても歯磨きの時間が取れないときに、うがいと一緒にマウスウォッシュを併用することなどは、正しい使い方だと思いますが、あくまでも補助的な清掃効果しかないことを忘れずに使用してください。

では、8月の残り、まだまだ暑い日が続きますが、熱中症対策をしっかり行い、楽しい夏休みをお過ごしください!


2018-08-09 15:23:50

折りたたむ

様々な価値観

大雨等により被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げるとともに、一刻も早い復旧をお祈り申し上げます。


こんにちは、杉並区荻窪の歯科医院 医療法人社団東京哲翔会 定村歯科医院 院長の定村正之です。
7月に入り、本当に暑い日が続いております・・・。患者様も、来院されてすぐにお席にご案内してしまう事が多いのですが、まだ汗が引かない状況の事も多々あり、申し訳なく思います。ちょっと一息入れたいという方は、遠慮なくお声掛けください!

2018年も半分が終わり、1年は早いものだなどという会話もちらほらと耳にします。色々な形で目標の設定をしていると思いますが、その目標を立てている原動力は・・・と考えると、自分自身の価値を高める事である場合が多々あります。

価値を高めるという事に関してですが、様々な捉え方が出来ますね。一言で価値、と言いましても、価値にも様々な分野があります。

何の物差しで価値を図るかで、行動も変わってくると思います。自分自身が本当に大切にしたいと思うものを見つけている人は、その大切なものを守り、延ばすためのすべてが価値のある行動になりますし、まだ、自分にとって大切なものが見つかっていないという人は、見つけるための好機をつかむためのチャレンジや、好奇心を持つこと自体が価値につながると思います。

分かりやすいことに目が行きがちですが、本当に大切なものって、目に見えないものであることも多くあると思います。
私は、健康というものの価値をこのところ実感することが多くあり、健康であることへの行動の優先順位を上げるように意識をしております。

歯医者さんに通い、定期的に虫歯や歯周病のチェックを受け、しっかりと検査と、治療を受ける習慣は、口腔の健康には欠かせませんね!定村歯科医院では、そのような健康への価値観の高い患者様にしっかりと満足していただけるように、医院一同で勉強し、レベルアップしていく事を使命としながら日々努力をしております!
当医院は、杉並区成人歯科健診という行政の歯科検診の受診医療機関にも登録されておりますので、お手元に受診票が届いている方は、是非この機会に、歯のチェックに来院してみてください。

健診や、治療を通じて、地域の皆様の口腔の健康を少しでもサポートできるように、という気持ちで一人一人の患者様に接していくようにしております!
夏休みは、ゆっくりとリフレッシュすると同時に、歯の健康をチェックする機会にされては如何でしょうか?医院スタッフ一同でお待ちしております!


医療法人社団東京哲翔会 定村歯科医院
院長 定村正之

2018-07-13 00:48:07

折りたたむ

平常時の備えの大切さ

こんにちは、杉並区荻窪の歯科医院 医療法人社団東京哲翔会 定村歯科医院 院長の定村正之です。

梅雨が明けていよいよ夏に突入しましたね!例年より早い梅雨明けで、台風のニュースなども耳にします。異常気象による天災の心配も増える季節で、気候の地球規模での変化を感じることが多いですね。平常時にこそ、急な時への備えなどを見直して慌てないようにしたいものです。

この平常時の備えという発想は、口腔内の健康維持にもとても大切な考え方になります。何か問題が発生した時にどうしようかと慌てて対応を考えるよりも、何もない平和な時にこそ、健康のありがたさをきちんと理解し、健康を維持増進する行動をとることが、長い人生には大きなプラスになる事と考えております。

そんなこともあって、私自身も口腔内のメンテナンスを受けております(忙しさにかまけて久しぶりになってしまいましたが・・・)。当院には、この春から新たに加入した衛生士や歯科医師もいることもあって、各自が技術の研鑽の練習などを行うのですが、それを利用させていただき、メンテナンスを受けております。新人なので、時間がかかることや、スムースにできないこともあるのですが、そこは、先輩がしっかりとフォローして指導を行っているので、私も安心してメンテナンスを心地よく受けております。きっと数カ月もすれば一人前の技術者になると期待しています!

自分がメンテナンスを受けてみると、色々と気が付くこともあり、逆の立場を経験することの大切さを実感します。また、スタッフの個性の発見もあり、スタッフを束ねる立場としても勉強になります。新人スタッフの指導は、周りのスタッフが、日々の自身の業務の合間で行う事が多く、なかなかしっかりと時間を取り、手取り足取り教えることが出来ないこともあるのですが、診療後などのお疲れの時間にも拘らず献身的に指導をしてくれる先輩スタッフの姿勢には頭が下がります。
スタッフ数が増えてきて、色々な個性のスタッフが揃ってきましたが、各自の長所を活かせるようにしないといけませんね。

一人一人の成長が集まって医院全体が成長していくという事を、ここ数年、より強く感じています。自分自身ではできない事や、一人ではできなくてもチームワークで対応できることが少しでも増えるように、医院全体を引っ張っていきたいと思っております。

では、7月8月と暑い日が続きますが、夏バテしないように頑張っていきましょう!

2018-07-02 10:00:00

折りたたむ

挑戦とは

こんにちは、杉並区荻窪の歯科医院 医療法人社団東京哲翔会 定村歯科医院の定村正之です。

今年は、例年よりも早い梅雨入りのようです。急に寒い日があったり、逆に暑い日があったりと、気温の変動も大きい季節ですので、体調管理に気を付けないといけない季節ですね。

さてさて、先日とある方から以下のお言葉を聞く機会がありました。その言葉をまずは紹介いたします。

何かに挑戦しようと思った時、
確実に報われることがわかっているのであれば、
誰でも必ず挑戦するだろう。
報われないかもしれないところで、
同じ情熱、気力、モティベーションをもって、
継続して挑戦しているのは非常に大変なことではあるが、
私は、それこそが、
「才能」だと思っている。
<羽生善治(将棋棋士・史上初の永世七冠)>

 将棋の天才、羽生永世名人の言葉ですが、さすがに永世名人の言葉となりますと真実味がありますね。プロの棋士になるというだけでも非常に狭き門であると聞きますが、その専門家集団の中で頂点を極め続けるための一つの心構えであると思うのですが、この考え方は、一般人である我々にとっても大きな学びになります。

 何かに報われることをもって「成功」と考えるのではなく、挑戦し続ける姿そのものが「成功」であり、「才能」である、という意味だと思うのですが、仕事においても、プライベートにおいても、ついつい結果だけを求めてしまいがちなところで、この言葉を思い出すと、今一度、新しいことへの挑戦や努力をしようという気持ちに火が付きます。

 才能は、挑戦し続ける姿勢の中から生まれるものだという事を忘れてしまって、先天的な才能にばかり目が行きがちですが、誰にでも、そしていつからでも、才能を手に入れるチャンスがあると思います。
 
 我々も、一人一人が才能を開花させることが出来るよう、挑戦と努力を継続しないといけませんね!


2018-06-01 23:03:32

折りたたむ

新体制がスタートしました

こんにちは、杉並区荻窪の歯科医院 医療法人社団東京哲翔会 定村歯科医院 院長の定村正之です。

スタッフの出入りの多かった4月は、何かとバタバタとしてしまいましたが、5月に入り、少し医院も落ち着きが出てきました!
新しく医院に加わったメンバーも、各自のペースで仕事を覚えながら、院内での役割を少しずつ担ってくれるようになってきています。

学生から初めて仕事をする環境に変わったスタッフもいますし、転職してくるスタッフもいます。専門学校で学びながらアルバイトで働いてくれるスタッフもいます。働き方や環境は様々ですが、大切に感じることは仕事・職場に愛着を持って働く事だと思います。理想を言えば、天職発想の下で仕事を楽しんでもらう事になります。

趣味を仕事にできる人はごくわずかしかいないと思いますが、発想を変えて、仕事を趣味にしてしまう事は心がけ一つで可能なことです。
仕事を趣味にする!?

なかなか思い切った発想に感じるかもしれませんが、仕事を充実させ、成長を実感できる働き方をすれば、仕事に面白さを見出すことはそう難しいことではないと思います。

具体的には・・・
① 今日やるべきことは今日行い、明日に持ち越さない
② 大事なこと、必要なことの優先順位を付け、順番通りに行う
③ 計画的にやる、しかし臨機応変な対応もする

といった事を習慣化することで、仕事の効率も上がり、成果も出しやすくなります。結果、仕事を通じて成長している自分を見つけることが出来、仕事のやりがいも高まるものです。

時代の変化の中で、働き方の常識も変わってきています。私が大学を卒業した時分は、根性論もまかり通った時代ですので、ずいぶんと無茶な働き方や厳しい指導も当たり前に受け止めていました。今では、同じことをしたらブラック企業という言われ方をしてしまいますね。

これからの時代は、組織として、がむしゃらな働き方を強制してくれるという、ある意味幸せな時代は終わって、各自が自分自身の意思で仕事への向き合い方を決めないといけない厳しい時代になったとも思います。

一人一人のスタッフが、仕事に愛着を持つことをサポートできるように私もしっかりと見守っていきたいと思います。


 

2018-05-02 10:36:00

折りたたむ

一期一会

こんにちは、杉並区荻窪の歯科医院 医療法人社団東京哲翔会 定村歯科医院 院長の定村正之です。
 
4月に入りましたね。
年度替わりのこの季節、出会いや別れがつきものですが、当法人も、スタッフの入れ替わりがありました。
長年の貢献に感謝の気持ちを込めて送り出すスタッフは、患者様からも別れを惜しまれる方ばかりで、院長としても、感謝の気持ちと共に、その素晴らしい人柄で新天地での新しい一歩がより素晴らしいものになるように応援したい気持ちになります。
一方で、新たに医院に加わってくださるスタッフもおり、緊張感を感じさせながらも一生懸命に新しい環境に早く慣れようと努力してくださっている姿勢に自分自身も背筋が伸びる思いになります。
 
大所帯になり、私自身がなかなか一人一人のメンバーと密なコミュニケーションをとることが難しくなっておりますが、気が付けば、スタッフの中で自然と、新しいスタッフを指導する空気が生まれてきているように感じます。スタッフの自主性を信じ、各自が責任を持って仕事に取り組むような組織に少しずつ成長している事を嬉しく感じますね!
 
気が付けば、自分と二回りも違う年齢のスタッフと一緒に仕事をするようになってしまいましたが、このような環境にいられる幸せも実感することが多々あります。どうしても、自分に近い世代の中で過ごしがちな日常ですが、仕事を通じて世代の異なる多くのスタッフと接することで、視野も広がりますし、自分自身も若さをキープ?できているように感じます。そして、きっと、自分が仕事を始めたばかりのころは、上の世代の先生方やスタッフは、同じように感じ、また、時には扱いにくいなあ・・・なんて思っていたのかなあ?と考えて、自分自身の事を少し反省する気持ちになります(いろいろと生意気なことを言ってしまい、迷惑を掛けてきたことと思います)。
時間は誰にも平等に与えられているもので、皆、1年1年、年齢を重ねていくので、今の自分が感じている事を、きっと皆いつか感じる時が来て、そして、自分はその時はまた上の世代になっていて、今からは想像もできないことを考えたり、やったりしているのかもしれないと思うと、年を重ねることも素敵なことに感じます。
 
単なる仕事、という割り切りではなく、自分自身の人生の中の一つのシーンだと考えてみると、仕事で生じる様々な困難や、苦労も少しは楽しんで乗り越えていけるものですね。
 
人が入れ替わりながら、医院も成長していくように感じています。自分自身も、少しずつでも成長し続けるように新しいチャレンジを忘れずに取り入れていきたいと思います!
 

2018-04-09 19:05:58

折りたたむ

ともに学び成長できる仲間をお待ちしています

こんにちは、杉並区荻窪の歯科医院 医療法人社団東京哲翔会 院長の定村正之です。

三寒四温とはよく言ったもので、本当にこの季節、急に暖かい日があったり、寒い日があったりで、体調管理にも気を付けないといけませんね。仕舞った冬物を慌ててもう一度取り出すこともまだあるのでしょうか・・・。

さて、定村歯科医院では多くの勤務医や歯科衛生士が各自の目標のもと、休日にセミナーに参加したり、お互いに症例を相談しあったりと、よりレベルの高い診療を提供できるように努力をしております。
先日は、勤務医対象の院内勉強会を開催し、その会では、私が話をする順番の回でした。色々と忙しい雑務をやりくりしながら、資料を作成し、自分自身も話をするための勉強もし、何とか30分ほどの内容の資料を用意して臨むことが出来ました。
今回は、歯の神経の治療に焦点を当てて、勤務医の中でよく出てくる疑問に答えられるような内容をという事で考えたプレゼンを作りました。歯の神経の治療は、治療上のルールをしっかりと守って行うかどうかで成績が大きく変わってくる治療です。ルール自体は少ないのですが、そのルールをきちんと守るためのテクニックは非常に難しいものが多く、歯の神経の治療の難しさを改めて見直した次第です。勤務医のみんなも、ルールの徹底と、ルールを守るための技術向上を考える良いきっかけになってくれたのではないかと思います。

定村歯科医院では、勉強会を定期的に開催しており、年に数回は外部の講師の先生をお招きしてお話をしていただくという事もあります。4月には、歯周病関連でのお話を外部の先生をお招きして衛生士も一緒に勉強させていただく予定にしております。

歯科医師も歯科衛生士も技術職である事を考え、常に知識と技術を向上させていきたいという意欲のある方には、ぜひぜひ一緒に医院のメンバーになっていただきたいものです。

勉強会だけの参加などでも声をかけていただければ、ご案内できますので、このブログをご覧になった方で、参加を希望される方がおりましたら、お気軽に医院までお問い合わせください。



 

2018-03-23 20:44:11

折りたたむ

働き方について考える

こんにちは、杉並区荻窪の歯科医院 医療法人社団東京哲翔会 定村歯科医院の定村正之です。

3月に入り、花粉症の方には憂鬱な時期になりましたね。都民の約半数が花粉症ではないかともいわれる昨今ですが、皆様は、花粉症対策大丈夫でしょうか?今年は、例年よりも多くの花粉の飛散が予想されておりますので、しっかり花粉対策をして、花粉症の季節を乗り越えていきましょう!

さて、このところ耳にすることが多くなった「働き方改革」という言葉ですが、なかなか複雑な問題のようで、国会でも与野党が日々議論を繰り返しておりますね。国策として、人口構成の変化への対応や、AIの発展などに伴う世界的な仕事への取り組み方の変化への対応として、国力を増していくための有意義な議論であることを期待してしまいます。

私の周りの同年代の方々の多くは、男性女性を問わず働くことに費やす時間が人生の中でも大きなウェイトを占めているように感じます。そのような中でも、仕事とプライベートを非常に上手く両立させて、仕事へのやりがいをしっかりと感じながら、プライベートの時間も満喫されている方もいます。また一方では、プライベートの時間を削り、仕事に邁進する方もいます。人生80年時代ですので、長い目で見て時間の使い方や、仕事への取り組み方を調整できるとよいですよね。

当医院も、スタッフ数が増えて、年代も幅が広くなってきております。仕事柄、女性の比率が高い職場なので、やや偏った見方になってしまうのかもしれませんが、それでも、様々な年代のスタッフが、それぞれの人生を歩んでいる事を客観的に見て、そのサポートをきちんとできているかなあ・・・と思うことも度々です。

ニュースの中にはブラック企業が話題に上がることもあり、残業をすることは悪であるというような風潮を感じさせられることもあります。様々な便利な機器が登場し、仕事の効率化が達成されることで仕事もスムースに進められるようになったとはいえ、人材の採用難が深刻化する中では、残業せずに今まで通り業務を遂行していくことは大変なことです。
一人一人の仕事の効率化を図り、また、成長を早めるようなシステムを構築することで、人手不足や、残業の問題も少しは解消できるのではないかと色々と考えてしまいます。
個人的には、時間の有効活用という事で、早寝早起きなども意識してみたいと思っております。朝の時間は、この季節になれば結構早い時間でも日が入っており、さわやかな朝の空気の中で、事務作業などを済ませてしまう事で、一日のスタートをスムースに切ることが出来るのではないかとも思います。仕事の事ばかりではなく、健康の事を考えても早寝早起きは良い習慣のように思えます。
ついつい夜更かししてしまう癖を改善し、早めに床に入るようにしてみようかと思っております。


 

2018-03-07 10:00:00

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3